奉祝・天長節

今上陛下御歳75歳を迎えられた23日、皇居一般参賀には平成の御代になり最高の2万3千人が訪れた。御身の御不調にも係わらず、臣民の前にお出になり、臣民のご心配をなさるお姿は正に神であった。

今年は御即位20年という良き年でもあり、また永遠に今御代が続くことを願うばかりである。

今上陛下が皇太子の時代(昭和23年)、所謂A級戦犯なる冤罪をきせられ7人の士が処刑された日でもある。民族派有志は毎年処刑が行われた巣鴨刑務所跡に集まり、7士他所謂B級C級の濡れ衣を着せられ処刑された士や民間の殉難烈士の冥福を祈った。

一方、横浜では去年に引き続き神奈川県維新協議会主催(大会実行委員長・義信塾、市村悟)の「天長節奉祝日乃丸大行進」が行われ、市内の繁華街をパレードした。

上 皇居
中 巣鴨刑務所跡
下 天長節奉祝日乃丸大行進

f0180693_17503185.jpg
[PR]

by boukyoupress | 2008-12-24 11:12 | 時局厳正論

<< 皇國体を明徴せよ=福田草民= 大東亜戦争開戦記念日に渋谷が燃えた! >>