反中共の闘士・中村宏樹君を支持するぞ!=三澤浩一=

9月29日、反中共の闘士として勇名を馳せている中村宏樹君が、またしても決起しました。
事件の詳細は不明ですが、中村君は日本刀を所持した上で、永田町の自民党本部に乗り込もうとして、警視庁に逮捕されました。
中村君は同血社の幹部として活躍、関東で最も行動的な若手と注目されています。

また『狼煙』という機関誌の発行人兼編集人をつとめていますが、主筆と呼んでも過言ではないほど誌面において健筆を振るってきました。

言行一致。

文武両道。

まさに民族派愛国運動の闘士の鏡です。
9・29反中共デー東京大会において、関西大会からの連帯声明を読み上げる予定でした中村君が、大会を欠席した上、このような行動に出たのは、反中共の信念に基づいたものと確信します。

もちろん法は尊重すべきであり、簡単に破ってはいけません。
しかし、法や掟というもの以上に尊重すべき大切な、僕らが命を捨てても守るべきは義であり、道です。
僕は、中村君の行動を義挙と確信し、完全かつ全面的に支持します。

中村君は現在、麹町警察署に囚われています。

中村宏樹君がんばれ!
[PR]

by boukyoupress | 2008-10-01 21:35 | 時局厳正論

<< 中村宏樹同志、邪悪な者に自刃勧告 反中共の声上がる >>