原子力空母を持つべきは我が日本=野田輝久=

 9月25日、米軍横須賀基地に原子力空母としては日本で初の母港となるジョージワシントンが配備された。

 世論は今回の配備に対して賛否両論が出ているが、我国の現状を考えれば米国の軍事力が無くては国の存在さえも危うい状況である事は紛れもない事実である。

 日本が独立国家であると云うのなら、米国の軍事力を当てにしない充分な国防力を備える事が必要なのであることは今更述べるまでもない。

 中共をはじめ我国周辺の敵性国家が着々と軍備を増強する中で一刻の猶予も出来ない事を国民は自覚すべきである。
[PR]

by boukyoupress | 2008-09-26 20:49 | 時局厳正論

<< 反中共の声上がる 大西郷を偲ぶ=三澤浩一= >>