島が奪われ「名」が奪われる

f0180693_23104427.jpg

韓国に実行支配されている島根県所属の竹島や日本海が韓国政府の働きかけにより、各国の地図表記が訂正されるという事件がおこっている。「竹島」が「独島」へ「日本海」が「東海」へと延べ1092件も変更された。

これを受け、日本政府は「誤記」を修正、変更するよう働きかけているが、4500件あった海外の文献が1000件以上も韓国政府の要請で変えられた事になる。韓国側ではそれでも少ないとし、更に積極的に働きかけるという。

領土紛争とは思想信条に関係なく、国家主権にかかわる問題である。故に日本政府の「後手」が韓国の実行支配に打つ手無く、「名」まで奪われている事実を国民は認知せねばならぬ。

我が国では竹島の知名度が北方領土にくらべて遙かに低いのは、政府の作為的情報操作に他ならず、対韓弱腰政策の一環であることは明白である。

よって国民は政府の作為的情報操作に惑わされることなく、己の住む国が削られて行く事実を把握し、己の出来る範囲で行動をせねばならない。
[PR]

by boukyoupress | 2009-10-14 23:11 | 時局厳正論

<< 地域紛争に核攻撃準備(ロシア) 陸自式典に自民議員の姿なし >>